« 次はFlash-based iPodかも? | メイン | アフェリエイトプログラム »

ソフトウエア・アップデートのログが残らない

次はFlash-based iPodかも? <前|次> アフェリエイトプログラム

OSXのソフトウエア・アップデート経由でSecurity Updateをインストールした後とかにSoftware Update.logにインストールした記録が残るハズなんだけど、かなりの確率でログが記録されていないです。
今回のSecurity Update 2004-09-30もログに残らなかった。
なんでだろ~?

/Library/Logs/Software Update.logの所有権をみてみると、アップデートをかけたのとは別のユーザー(管理者権限あり)の所有と設定されていた。ハテ?元々は誰のものなんだろう?
とりあえず、
-rw-rw-r-- 1 root admin 613 18 Aug 09:51 Software Update.log
こうして様子を見るとしよう。

というわけで、時と場合によっていろんなユーザーでアップデートしていたのが問題だったわけで。
ソフトウエアアップデートを決まったユーザで実施しないからこういう事態を招いたわけですね。
でもさ、作業内容によってユーザ使い分けている時に、バックグラウンドでアップデートのアラート出たらば、その時にログインしていたユーザーのまんまでアップデートしちゃうよね?ね?
OSXはそういうやり方を認めているんだよね、それとも…?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://pamo.dip.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/152

コメント (1)

Takam:

Security Update 2004-10-27にて正常動作確認。
これにて解決ということで!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


画像の中に見える文字を入力してください。

カテゴリー

PAMO Menu
イラスト 綾波レイ MIWO 独白 掲示板