« VineLinux3.1の新規インストール | メイン | PostgreSQLの自動起動 »

PostgreSQLのソースからのインストール

VineLinux3.1の新規インストール <前|次> PostgreSQLの自動起動

OS:VineLinux3.1
パッケージでインストールしたものの、ソースからのインストールに切り替えることにした…。
バージョンも、7.4.5から7.4.6になるし。
#apt-get remove hoge

./configureでreadlineが無いと言われる…。
…あるけど?
しばし考案…。apt-getでreadline回りを探る。
readline-develが足りないことが判明。
同様にzlibもzlib-develが足りないので両方インストール。
これでconfigureが終了。
$ make all
時間かかるかかる。
$ make install
順調に終了。
環境変数を設定してデータベースクラスタの初期化。

一安心。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://pamo.dip.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/195

トラックバック一覧

» PostgreSQLの自動起動
送信元:独白
############################ # /etc/rc.d/init.d/postgres を作成 # これに以下のスクリプトを記述 ############################ #!/bin/sh # # Startup script for PostgreSQL # # chkconfig: 345 85 15 # processname: postmaster # description: Start and stop t...

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


画像の中に見える文字を入力してください。

カテゴリー

PAMO Menu
イラスト 綾波レイ MIWO 独白 掲示板