メイン

Apple Mac OSX アーカイブ

Page:  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34 

2020年12月24日

①MacPortのインストール
(Xcodeを入れとく)
pkgでインストール
pkgの入手はここから

②Icecast2のインストール
MacPort自体とパッケージリストの更新

sudo port selfupdate

Icecast2のインストール
sudo port install icecast2

これで依存パッケージも一式インストールされる

③Icecastの設定
/opt/local/etc/icecast.xmlを編集
サーバネームとか、ポート、Adminパスワードとかの設定
マウントポイントの設定

<mount>
<mount-name>foo</mount-name>
<charset>UTF-8</charset>
</mount>

④自動起動の設定(Launchd)
rootで起動できない(ハズ)ので、ユーザー権限で起動する

<key>UserName</key>
<string>foo</string>
<key>GroupName</key>
<string>staff</string>

/Library/LaunchDaemonsにplistを入れる(所有権をrootに変更)
sudo chown root:wheel icecast.plist

Launchdに登録

launchctl load Library/LaunchDaemons/icecast.plist

忘備録

QuckTimeServerの自動起動
/System/Library/StartupItems/QuickTimeServerに起動アイテム一式を入れる

2012年1月 6日

年末に電源を落としていたサーバー(Vine Linux)のシステムが壊れてしまったのか起動しなくなってしまった。

kernel panic : Mesh : Double DMA Start!

こんな感じのエラーが出る。SCSIのエラーっぽいらしいがよくわからない...。
とり急ぎ、重要なファイルだけでもバックアップしようかということで、Macからデータを吸い上げることにした。

LinuxのハードディスクはSCSIで、フォーマットはext2かext3だったはず。
使用するMacはSCSIカードのせたG4でOSは10.3.9 Panther。
OSXからext2を認識させるのには、Mac OS X Ext2 Filesystemをインストールする。

pantherの場合は1.3を使用する。ココ大事!

インストールして再起動したらあっけなくデスクトップにマウントされていた。

2011年4月12日

ダイナミックDNSへのIP監視と登録用のスクリプトを定期的に走らせているのですが、OSX 10.6ではcronが使えなくなり、変わりにlaunchを使うようにななったそうです。

スクリプトは、家サーバのIPアドレス更新サンプルスクリプトを使用していました。
このスクリプトを、/usr/local/sbin/ddsn_ip/ddns_ip.plとして設置して実行権を出しておきます(それと、tmpディレクトリを作成しておきます)。

sudo perl /usr/local/sbin/ddsn_ip/ddns_ip.pl

こんな感じで実行するスクリプトです。 これをlaunchで一時間に一回走らせて、IPに変更があったら家サーバに告るわけです。

launchにddns_ip.plを走らせるための設定ファイルをXMLで書きます。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
  <key>Label</key>
    <string>ddns.ip.set</string>
 
 <key>ProgramArguments</key>
    <array>
      <string>/usr/bin/perl</string>
      <string>/usr/local/sbin/ddsn_ip/ddns_ip.pl</string>
    </array>

  <key>StartInterval</key>
    <integer>3600</integer>
</dict>
</plist>

よくわからないけど、こんな感じ。

Labelで指定したddns.plがlaunch内で呼び出すときの呼び名になります。
ProgramArgumentsで呼び出すプログラムとその引数を指定します。
今回はperlを呼び出して、その引数にスクリプトのパス(/usr/local/sbin/ddsn_ip/ddns_ip.pl)を指定します。
StartInterval、3600秒ごとにスクリプトが実行されます。

このXMLを/System/Library/LaunchAgents/ddns_ip.plistとして設置します。 所有者をrootに変更しておきます。

sudo chown root:wheel ddns_ip.plist
-rw-r--r-- 1 root wheel ddns_ip.plist

最後に、launchedに登録して起動させます。

sudo launchctl load /System/Library/LaunchAgents/ddns_ip.plist
sudo launchctl start hddns.ip.set

loadの時はファイル名を、startの時は、ラベル名を指定します。

登録されているラベルの一覧を取得するには

sudo launchctl list

止めるには

sudo launchctl unload /System/Library/LaunchAgents/ddns_ip.plist

2010年5月10日

ということで、結局ポチりましたw
初代touchだと最近のアプリだと重めだったから、期待してますよ~。

予価よりも少し値下げされて、¥48,800-
Camera connection kit追加で5万超えしちゃうんだけどねぇ。

Page:  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34 

カテゴリー

PAMO Menu
イラスト 綾波レイ MIWO 独白 掲示板